2016年7月31日日曜日

Intel SSD 750の耐久テスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
ftp.jaist.ac.jpでは、Intel SSD 750 1.2TBをZFSのL2ARCとして使用しています。このSSDの寿命が今日で残り半分になりました。NVMeのSSDの寿命は、SMARTのPercentage Usedという項目でわかります。この値が今日50%に達しました。
このグラフは書き込み量とPercentage Usedの推移をプロットしたものです。今日までにSSDに書き込んだ量は509.6TBです。Intel SSD 750で保障されている総書き込み量は127TBですが、ずっと多く書けています。

書き込み量とPercentage Usedは比例しているので、Percentage Usedが100%に達するまでには1PB以上書けそうです。実際には100%を超えても書けるはずなので、運用に支障をきたさない範囲で利用を続けるつもりです。

SMARTの記録を取り始めたのが3月9日で、その日にPercentage Usedが1%になりました。Percentage Usedは運用日数に対してほぼ線形に増加しているので、今年のクリスマスには100%に到達します。運用を開始したのは3月3日でしたので、10か月ともたないことになります。

一日の書き込み量は3.4TBと、SSDの容量の3倍近くを書きこんでいます。こういう使い方をする場合は、コンシューマー向けの製品を使うべきではありません。それを承知の上で、ftp.jaist.ac.jpでは耐久テストを兼ねて使っているわけですが。

[2016-08-02] 書き込み量とPercentage Usedの推移を示すグラフを追加しました。

2016年3月5日土曜日

キャッシュのヒット率を改善しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
サーバーを交換して以来、キャッシュのヒット率が低くストレージの負荷が高くなっていましたが、メモリを192GBから256GBに増量したことと、L2ARCをチューニングしたことにより、キャッシュのヒット率が上がりストレージの負荷を大幅に減らすことができました。

2016年2月27日土曜日

新しいストレージ構成について

このエントリーをはてなブックマークに追加
前回述べたように性能には苦しめられたものの、ストレージをiSCSIのボリュームに一度移行したおかげで、HDDのストレージを再構築できました。今回は、24スロットのSASエンクロージャーの2TBのHDDを4TBに交換して、11本構成のRAID-Z2が2組とスペア2本だったのを、6本構成のRAID-Z2を4組にしました。容量は36TBから64TBに増えました。

2016年2月25日木曜日

ようやくサーバーを交換したのですが

このエントリーをはてなブックマークに追加
前述したように、故障したHDDを抱えて性能が低下したストレージとSun Fire T2000の組み合わせを、iSCSIのストレージを接続した別のサーバーに切り替える作業を1月26日に行いました。サーバーのハードウェアは以前紹介したものです。OSは、性能とZFSの安定運用の観点からSolaris 11のx86版を選択しました。

これでftp.jaist.ac.jpの性能が改善するかと思いきや、iSCSIのストレージの性能が低くかったため逆に悪化してしまいました。ストレージの性能が低かったのは、諸般の事情でiSCSIのボリュームを束ねてRAID-Z2を組んでいたからです。RAID-Zはレイテンシの一番大きなデバイスに足を引っ張られるので、レイテンシのばらつきの大きい仮想化ストレージで組んではいけません。負荷テストをして大丈夫だったからとのことなのですが…